僕は
ジェットコースターが大好きだ。

どれ程好きかって?一番前に乗りたいがために係員とケンカをする程好きだといえばお判り頂けるだろう。
東京D.L.はさすがだね。順番が来たところで一番前に乗りたい旨を告げると横で待たせて、他のお客さん
の了承を得た上で乗せてくれる。ホントに嬉しい対応だ。係員とケンカ(?)になったのは某○○○○ラ
ンド。D.L.と同じように申し出たらその係員は渋々了承してくれたのだが、待っている間に係員が変わり
彼は高圧的な態度でこう言った。

もう一度最後尾から並び直して下さい。一番前に当たるまで並び返して下さい!

アホか!その日は日曜日。それまでも2時間並んでんだ!こっちだって最初からダメと言われれば素直に
乗ってたよ。それをこの期に及んで、、、

結局前の係員が了承していたことを紳士的に(?)説明し、何とか一番前に乗せてもらった。が、非常に
後味の悪いものになってしまった。サービス業に携わる人間がお客さんにあんな態度をとったらイカンよ。
巨人ファンの僕だから良かったけど、阪神ファンだったら暴動になってたよ。まぁ、もう10年近く前の
話しだけどね。

ムチ打ちになったのはまた別のところ。某○○ハイランドに足がブラブラいうジェットコースターができた。
7、8年前かな。僕は早速行ったね。並んだよ。炎天下の中3時間。この時はまん中くらいの位置だった。あ
の一件以来僕は最前列に固執しなくなった。せっかくのジェットコースターが台なしになるのは嫌だからね。
でも並んだ甲斐があったよ。非常に面白かった。もう終わったな、と勝手にひとりで思っていたら急激に右に
曲がった。

グキッ

という音と共に首の左側に激痛が走った。僕はムチ打ちになった。以来雨病み(あまやみ)になった。雨が
降りそうになると左首から左肩にかけてズシーンとくる。今までに味わったことのない痛みというか、違和
感というか。とにかく直後はそのせいで夜中に何度も目を覚まして、眠れない程の時期もあった。それまで
肩こりなど無縁だった僕は肩こりの辛さを知った。

それから数年経ち、以前程ではないが相変わらず肩こり人間だった。ある人と出会うまでは。そば殻炭ベル
トを頂いた方を通じて同じくそば殻炭を製造しているとい方と出会った。その方のところで作っている枕が
そば殻炭枕だった。

2700円という低価格だったので軽い気持ちで使い始めたのだが、使ってびっくり!驚くほど熟睡できる。
一度眠ったら余程のことがない限り目が覚めない。この快眠促進という効果はすぐ現れた。肩こりの方はと
いうと、それ以来雨病みにはなっていない。使って日が浅いせいかホントに疲れるとまだ肩こりは感じるが
以前のようなこり方とは違い全然軽いものだ。

いろんなところで炭枕は販売されている。それも納得。僕にはホントに効いたから。

2000.11.27 中村祐一著

噂の炭枕こちら!


体験記メニューへ戻る




Copyright (C) 2000 e-daro.com. All rights reserved.